もちこの気になるメモ

最近話題のモノ・コトをお届けします!

宮沢りえのヘナタトゥー、普通のタトゥーと何が違うのか

   

16031902

宮沢りえさんはタトゥーがあると話題ですね。

テレビ番組「おしゃれイズム」に出演した時、ヘナタトゥーを披露して話題になりました。

普通のタトゥーとは何が違うのでしょうか?

 

ヘナタトゥーと宮沢りえさんの、左手、足、肩のタトゥーについて調べました。

 

スポンサードリンク

 宮沢りえのヘナタトゥー

16031905

16031904

左手と右足に不思議な模様が入っています。

なかなか好みの分かれそうな模様ですが…。

 

よくある刺青・タトゥーより色が薄いですね。

これがヘナタトゥーだそうです。

 

ヘナタトゥーとは

ヘナという植物の葉を使ったタトゥーです。

ヘナ自体は毛染めに使うこともあるのでご存知の方も多いかもしれません。

 

普通のタトゥーと違い、全く痛くない

10日程で消えるので、気軽に入れられる・模様を変えられる

という理由で愛用している人が多いようです。

 

【ヘナ(Henna)とは】

ミソハギ科の植物で、ヘンナともいう。

インドや西アジア、エジプトなどの地域では古代から葉を染料として使われていた。

その歴史はなんと3000~4000年前にさかのぼる。

クレオパトラも爪などを染めていたという。

ヘナで染めたり模様を描いたりすることを、インドの言葉で「メヘンディ」という。

 

【ヘナタトゥーの染め方・色】

16032301

1.ヘナの葉を粉末状にする

2.粉末を水などで溶き、ペースト状にする

3.ペーストで肌に模様を描く

4.肌に色が定着するまでそのままにする

(時間を長くする程色が濃くなる)

5.色が定着したらペーストを落とし完成

 

普通のタトゥーより染まりにくく、色は基本的にこげ茶色・茶色・オレンジ色。

徐々に薄くなっていき、10日程で消える

 

 

…ということです。

 

ヘナタトゥー用 ペースト
ヘナタトゥー用 ペースト

 

なんとペーストは普通に自分で買えるんですね。

自分で絵や模様が描けなくても、絵柄シール(マスキング的なもの)を使えばいいのだそう。

すごいですね。知りませんでした。

 

宮沢りえのタトゥー

左手と右足のタトゥーは載せましたが、肩にもあるようです。

16032302

 

ぼやけて見にくいですが、折り鶴です。

こちらは色がしっかりしていますし、見えにくい場所にあることから普通のタトゥーではないかと言われています。
【関連記事】
宮沢りえのサンタフェのギャラがとんでもない金額と話題に

【刺青・タトゥー情報(随時追加予定)】
刺青・タトゥーの記事まとめ

 

スポンサードリンク

まとめ

今回はタトゥーを入れている意外な芸能人として挙げられる宮沢りえさん、

ヘナタトゥーとはどんなものか調べてみました。

また気になる情報などがあったら書こうと思います。

広告

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

 - 芸能 ,